Shopifyのサイトにコンバージョンタグを追加する方法

ShopifyのECサイトに広告のコンバージョンタグなどを追加する方法をご紹介します。
Shopifyでコンバージョンタグを追加する際、「Shopifyアプリを利用する方法」と「チェックアウト設定にコードを追加する方法」があります。

Shopifyアプリを利用する方法について

Pafit株式会社はデータ収集をサポートするShopifyアプリ Pafit Tag Managementを提供しています。Pafit Tag ManagementではGoogleタグマネージャーの設定を簡単に行うことができ、データ収集の設定時間を短くすることができます。

また、Googleタグマネージャーでコンバージョンタグを管理することで、長期的な管理のしやすさがあります。
チェックアウト設定にコンバージョンタグを複数追加した場合、コード管理の複雑性が上がります。Googleタグマネージャーであればバージョン管理などもでき、不具合が起きた場合のバージョン変更も簡単に行えます。

Pafit Tag Management for GTM| Shopify アプリストア
Googleタグマネージャーの設定とGA4・Facebook広告などのデータ収集を簡単にするアプリ

チェックアウト設定にコードを追加する方法

Shopifyでは注文完了ページ(thank_youページ)にコードを追加することができます。
今回ご紹介する方法は、Shopify Plusをお使いでない方も設定することができます。

また、各広告サービスのコンバージョンタグをあらかじめ用意しておく必要があります。

チェックアウト設定ページを開く

まずはShopifyの管理画面で設定→チェックアウトの順番で移動します。

Shopifyチェックアウト設定1

追加スクリプトの編集

追加スクリプトの注文状況ページの欄を編集します。
ピンク枠で囲まれた部分に、あらかじめ用意したコンバージョンタグを追加します。

※Googleタグマネージャーでコンバージョンタグを管理したい場合は以下の記事をご覧ください。

注意点

コンバージョンタグを設置する際、トランザクションIDや注文金額、商品IDを一緒に記録したい場合もあると思います。

Shopifyアプリ Pafit Tag Managementをお使いになることで、データレイヤー(datalayer)に注文情報をPushできます。

また、Googleタグマネージャーのコンバージョンタグの設定も一緒に行えるため、ノーコードで注文情報をコンバージョンタグに含めることができます。

Pafit Tag Management for GTM| Shopify アプリストア
Googleタグマネージャーの設定とGA4・Facebook広告などのデータ収集を簡単にするアプリ
タイトルとURLをコピーしました