Shopifyのコンバージョン計測のためのサンクスページ用GTMトリガーの作り方

Shopifyのサンクスページ(注文状況ページ)でGoogleタグマネージャー(GTM)を使うためのトリガーを紹介します。

サンクスページ用の追加スクリプトを編集することで、タグマネージャーでコンバージョンが計測できるようになります。

チェックアウト設定の追加スクリプトについて

Shopifyの設定画面の追加スクリプト

サンクスページ(注文完了ページ)でGoogleタグマネージャーを利用するには初期設定を終える必要があります。
チェックアウト設定の追加スクリプトにGoogleタグマネージャーを追加していない場合、以下の記事が参考になります。

サンクスページ用トリガーの追加

トリガーの新規作成

Googleタグマネージャーを開き、ワークスペースの「トリガー一覧」に移動します。
その後、「新規」を選択します。

Googleタグマネージャーの新規タグ作成ボタン

トリガーのタイプをページビューにする

トリガーのタイプは「ページビュー」にします。

Googleタグマネージャーのタグのトリガー

トリガーの詳細設定

以下のように設定していきます。

  • トリガー名:Purchase
  • このトリガーの発生場所:一部のページビュー
  • トリガーの配信条件
    • Page URL
    • 正規表現に一致
    • .*/checkouts/*./thank_you

最後に「保存」をクリックします。

Shopifyの追加スクリプト用のタグマネージャー設定

以上でサンクスページ用GTMトリガーが完成します。

このトリガーを実際に利用している例は以下の記事などで確認できます。

Pafit Tag Managementのご紹介

Pafit株式会社ではShopifyのデータ収集を便利にするGoogleタグマネージャー用アプリの事前登録を受け付けております。
本アプリには以下のような特徴があります。

1. ShopifyのECサイトのGoogleタグマネージャーの設定を簡単にし、作業時間を大幅に短縮します。
2. Googleアナリティクスや各広告サービスにおけるデータ収集をサポートします。
各サービスで商品の閲覧・カート追加・購入データなどを記録できるようになり、売上向上のためのデータ分析や広告配信の最適化に役立ちます。

詳しくは以下のページをご覧ください。

Pafit Tag Management: マーケティングのデータ収集をサポートするShopifyアプリ
Pafit Tag ManagementはECサイトの顧客、売上、マーケティングに関する重要なデータ収集をサポートするShopifyアプリです。 GoogleタグマネージャーやGoogleアナリティクス4、Facebook Pixel、Google広告コンバージョンなどのデータ収集が簡単になります。

タイトルとURLをコピーしました