ShopifyでTwitter広告のユニバーサルウェブサイトタグをGoogleタグマネージャーで設定する方法

この記事ではTwitter広告のユニバーサルウェブサイトタグをGoogleタグマネージャーで設定する方法をご紹介します。Shopify以外をご利用中の方も同様の方法で導入することができます。

ShopifyでGoogleタグマネージャーを導入する方法

ShopifyにGoogleタグマネージャーを設置していない方は、以下の記事を参考にGoogleタグマネージャーの設置をお願いします。

ShopifyでGoogleタグマネージャーを10分で設定する方法
この記事ではShopifyでGoogleタグマネージャー(Google Tag Manager, GTM)を10分で設定する方法を2つ紹介します。 1.Shopifyのテーマのコードを編集する方法、2.Shopifyのアプリを利用する方法。注意点としては関係のないコードを編集しないようにお気をつけください。心配な方は2番目の方法であるShopifyアプリの利用をご検討ください。

 

ユニバーサルウェブサイトタグの新規作成

Tユニバーサルウェブサイトタグをまだ作成していない方は、以下の手順で新規作成します。

  1. ツール→コンバージョントラッキングに移動
  2. コンバージョントラッキングのウェブサイトタグを作成

まずはTwitter広告マネージャーにログインし、コンバージョントラッキングの画面に移動します。
※ツールのリンクが表示されない場合は、クレジットカードなどの初期設定を完了させてください。

画面右側の開始方法の「コンバージョントラッキングのウェブサイトタグを作成」をクリックします。

以下の画面が表示されれば、ユニバーサルウェブサイトタグの作成は完了です。

ユニバーサルウェブサイトタグをShopifyで設定

Twitter広告のユニバーサルウェブサイトタグをGoogleタグマネージャーで導入するとき、手動設定もしくはShopifyアプリを利用できます。

Google広告やFacebook広告、Yahoo! JAPAN広告など複数のサービスで広告配信されている方はアプリの利用もオススメです。様々なデータをSnapchatに送ることができ、広告配信の精度やターゲティングに活用することができます。

  1. ユニバーサルウェブサイトタグを手動設定する方法
  2. Shopifyアプリを利用する方法

ユニバーサルウェブサイトタグを手動設定

タグマネージャーのワークスペース画面に移動し、タグの「新規」をクリックします。
タグマネージャーを導入していな方はこちらをご覧ください。

タグの設定をクリックし、タグタイプを選択で「Twitter Universal Website Tag」を選択します。

タグ設定画面では以下のように設定し、「保存」をクリックします。

  • タグの名称:Twitter UW Tag – PageView – All Pages
  • TwitterピクセルID:先程作成したウェブサイトタグのピクセルID
    • twq(‘init’,’XXXXX’);のXXXXX部分がピクセルIDになります。
  • トリガー:All Pages

補足:ピクセルIDやコードが分からない場合は以下のリンクから再確認できます。

最後に公開作業を行い、作業は完了です。

Shopifyアプリを利用

ShopifyアプリPafit Tag Managementを利用すれば、PageViewイベント以外も簡単に収集することができます。

以下のようなタグが自動設定でき、様々なイベントを記録することができます。

アプリの詳細は以下から確認することができます。

Googleタグマネージャーの記事リスト

Shopifyでヤフーのディスプレイ広告と検索広告の測定タグを設置する方法
ShopifyでLINE広告のベースコードなどをタグマネージャーで設置する方法
ShopifyでTwitter広告のユニバーサルウェブサイトタグをGoogleタグマネージャーで設定する方法
ShopifyでSnap PixelをGoogleタグマネージャーで設定する方法
ShopifyにGA4とUAの2種類のGoogleアナリティクスを導入する方法
ShopifyでGoogle広告をタグマネージャーで設定する方法
ShopifyでFacebook PixelをGoogleタグマネージャーで設定する方法
ShopifyでGoogleタグマネージャーを10分で設定する方法

タイトルとURLをコピーしました