Pafit Analycy(データ収集サポート機能)の初期設定について

Pafit Analycyのプランをお申込み後、以下の手順で初期設定を行う必要があります。

  1. ドメイン登録
  2. データレイヤーの開発
  3. Googleタグマネージャーの設定

1. ドメイン登録

ドメイン登録ページを開き、「登録する」をクリックします。

1-1

スラッシュなしでサイトのドメインを記入し、「保存する」をクリックします。

例1:https://pafit.cc/ → pafit.cc
例2:https://analycy.pafit.cc/ → analycy.pafit.cc

2-1

2. データレイヤーの開発

チュートリアルページの「データレイヤーの開発」をクリックします。

4

開発ドキュメントの「クイックスタートガイド」を参考に、データレイヤーの開発を行います。

588f5dc5c85286438783f2302a488dbe

3. Googleタグマネージャーの設定

Googleタグマネージャーの設定ファイルをエクスポート

GTM設定ページ STEP1を開き、GTM設定を行うサイトのドメインを選択します。
また、「次へ」ボタンをクリックします。

6

GTM設定ページ STEP2では、GTM設定ファイルに含めたいサービスを設定します。
Facebook広告の計測タグを設定したい場合は、Facebook広告の「設定ファイルに追加する」をクリックします。その他のサービスも同様に設定します。
その後、「次へ」をクリックします。

各広告サービスのIDの確認方法がわからない場合はこちらのヘルプをご参照ください。

7

Googleタグマネージャーでの設定用ファイルをダウンロードするために「ファイルをダウンロードする」をクリックします。

8

Googleタグマネージャーに設定ファイルをインポート

Googleタグマネージャーのアカウントにログインし、コンテナページを開きます。

管理ページを開きます。

Pafit Tag Mnagementのステップ5−2 管理ページへの移動

「コンテナをインポート」をクリックします。

Pafit Tag Mnagementのステップ5−3 コンテナのインポート方法

「コンテナファイルを選択」をクリックし、ダウンロードしたJSONファイルを選択します。
また、「既存」をクリックします。

Pafit Tag Mnagementのステップ5−4 コンテナファイルの選択方法

希望のワークスペースをクリックします。Default Workspaceしかない場合は、Default Workspaceを選択します。

Pafit Tag Mnagementのステップ5−5 ワークスペースの選択

インポートオプションを選択では「統合」をクリックします。
次に「確認」をクリックします。

Pafit Tag Mnagementのステップ5−6 インポートオプションの内容

画面右上の「公開」をクリックし、タグマネージャーの変更を完了します。

Pafit Tag Mnagementのステップ5−7 バージョン公開方法