ShopifyでGoogleショッピング広告を出稿する方法を徹底解説!

Googleショッピング広告とは?

ショッピング広告は、おもにGoogle検索結果に掲載される広告で、特定の商品について画像・価格・在庫状況といった詳細情報を表示できます。 Google広告のショッピングキャンペーンを使って配信でき、検索キャンペーンを配信中アカウントでも、テキスト広告とは別で掲載できます。202

ShopifyにおけるGoogleショッピング広告の出稿方法は?

対象となるストアの場合、Google & YouTubeチャネルを使用してGoogle Merchant Centerに同期された商品は、Google全体で無料で表示することができます。Google全体で無料リスティングが表示される位置の包括的なリストについては、Google Merchant Centerヘルプの「Googleで無料リスティングが掲載される場所」を参照してください。

すでにGoogle & YouTubeチャネルを使用して商品をGoogle Merchant Centerと同期している場合、商品フィードが無料商品リスティングにオプトインされていることを確認できます。無料商品リスティングにオプトインすると、商品をGoogleの無料商品リスティングに表示させることができます。Google Merchant Centerで利用可能なCSSダッシュボードでは、ショッピング比較サービスを選択できます。

まず、この事業におけるGmailマスターアカウントを用意して置きましょう。
こちらに、Google広告などの権限を付与することで、ログインや権限管理が楽になります。

アプリインストール

アプリを連携して、Googleアカウントを紐づけて行きます。

GoogleとYouTubeの検索に商品を掲載して販売につなげましょう| Shopify アプリストア

Google広告のアカウント作成・連携

Google広告のアカウントを開設していきます。
タイミングにもよりますが、無料クレジットが付与されることがあります。

Google 広告 - 新規顧客の獲得、売上増加に活きるデジタル広告
Google 広告を使ったデジタルマーケティングで、事業拡大を目指そう。新規顧客獲得も売上増加も、オンライン広告で。

Shopifyの管理画面の「Google&Youtube」のアプリにて、Google広告のリンクをしていきます。
そうすることで、Shopifyの情報を基に、Google広告を出稿することができます。

例えば、タグ設置なども、アカウント連携で完了されます。

MerchantCenterとの連携

マーチャントセンターを利用して、商品情報をGoogle広告に転送していきます。

Google Merchant Center - 商品を広く知ってもらうためのサービス
Google Merchant Center ソリューションを利用すれば、お客様の商品を無料で見つけやすくすることができます。Google 検索、Google ショッピング、YouTube、ウェブで商品を宣伝しましょう。

上記より、Google広告とマーチャントセンターを紐づけて行きます。
Shopifyのアプリとも紐付けることで、ContentAPIを利用して商品データを自動で転送してくれます。

※詳細なデータ収集基盤を整える

どんな商品がどこから売れて、購入された際に何が何個うれているか、を可視化したい場合には、詳細なデータ設定を行う必要があります。

それには、データを転送する箱のような機能を果たす、データレイヤーを用意する必要があります。

Googleタグマネージャーの設定とGA4・Facebook広告などのデータ収集を簡単にするアプリ | Shopify App Store
Pafit Tag Managementは、Shopifyでのデータ収集とGoogleタグマネージャーの設定を簡単にするアプリです。ShopifyのECサイトのGoogleタグマネージャーの設定を簡略化し、Googleアナリティクスや各広告サービスにおけるデータ収集をサポートします。 Paf...

上記のアプリを利用すれば、どこ経由で購入されたか、その内訳なども詳細に把握することが可能になります。

ShopifyにおけるGoogleショッピング広告の記事まとめ

Shopifyを利用することで、Googleショッピング広告の出稿が効率的に行えます。主要なステップは以下の通りです。

  1. Gmailマスターアカウントの設定:Googleの広告や権限管理のための中心的なアカウントを設定しましょう。
  2. アプリの連携:Shopifyのアプリストアから「Google & YouTube」チャネルのアプリをインストールし、Googleアカウントとの連携を行います。
  3. Google広告アカウントの設定:Google広告のアカウントを開設し、場合によっては無料クレジットの利用も考慮します。Shopify管理画面からアカウントをリンクさせることで、Shopifyのデータを基に広告の出稿が可能となります。
  4. Merchant Centerとの連携:商品情報をGoogle Merchant Centerと同期し、ショッピング広告の出稿や無料リスティングの掲載を実現します。
  5. 詳細なデータ収集基盤の整備:購入情報の詳細な分析を行うためには、データレイヤーの導入や、適切なタグ管理システムを用意する必要があります。Shopifyアプリストアには、これをサポートするアプリも存在します。

要するに、Shopifyを使用することで、Googleショッピング広告の出稿や管理が一元化され、効率的な広告運用が可能となります。これにより、オンラインストアの売上向上やブランドの認知度向上に大きく寄与することが期待されます。

👇便利なShopifyアプリのご紹介👇

Google広告
シェアする
ジョウくん(上重 静雅)

ECコンサルティング企業の株式会社そばにが手掛ける、データ収集アプリ「Pafit Tag Management for GTM」、データ分析アプリ「EC DOCK」のPO(プロダクトオーナー)。プロダクトマネジメントを行いながら、年商3000万円規模のECサイトのマーケティング実務も担当。SEOやコンテンツマーケティングを得意とするWEBマーケター。

ジョウくん(上重 静雅)をフォローする
Pafit(パフィット)
タイトルとURLをコピーしました