Shopifyにおけるサーバーサイド計測の可能性と実装方法 |パフォーマンス改善

オンラインストアの運営において、ユーザーの行動を的確に理解し、それに基づいて最適化を行うことは成功の鍵となります。そこで注目すべきは「サーバーサイド計測」です。これはウェブサイトのパフォーマンスを深堀りし、より精密なユーザー分析を可能にするテクニックです。では、全世界で大人気のEコマースプラットフォーム、Shopifyでサーバーサイド計測は実装できるのでしょうか?

本記事では、この問いに対する答えを探求し、Shopifyでサーバーサイド計測を導入するための方法を詳しく解説します。オンラインストアのパフォーマンスを向上させ、より多くの顧客に自社の商品を届けるための一助になれば幸いです。

サーバーサイド計測とは?

ウェブサイトの運営において、アナリティクスは非常に重要な役割を果たします。訪問者の行動を理解し、それに基づいてウェブサイトの改善を行うことで、より多くの訪問者をリピーターに変え、売上を向上させることが可能となります。その一環として、最近注目を集めているのが「サーバーサイド計測」です。では、サーバーサイド計測とは一体何なのでしょうか。

サーバーサイド計測の基本

83282608673_1

(引用:DIGFUL

サーバーサイド計測とは、その名の通り、サーバーサイドで行われるユーザーの行動追跡のことを指します。従来のクライアントサイド計測(例:ブラウザ上でのユーザー行動追跡)とは異なり、サーバーサイド計測はウェブサーバー上でユーザーの行動データを収集します。

なぜサーバーサイド計測が重要なのか

サーバーサイド計測が注目されている理由は、その精度と信頼性にあります。クライアントサイドの計測はユーザーのブラウザ設定や拡張機能、クッキーのブロックなどによりデータが欠落したり、精度が損なわれる可能性があります。それに対し、サーバーサイド計測はこれらの問題を回避し、より正確なユーザー行動データを提供します。

また、プライバシー法規制の強化に伴い、ユーザーの行動データの取り扱いにはより慎重さが求められています。サーバーサイド計測は、データのプライバシーを保護しながらも、必要な分析を行うことができるため、法規制への対応策としても有効です。

サーバーサイド計測のメリット

サーバーサイド計測のメリットは以下のとおりです:

  1. 高精度なデータ: ブラウザの制限を受けず、全てのユーザー行動を正確に追跡できます。
  2. ユーザープライバシーの保護: ユーザーのデバイス上の情報に依存せず、サーバー上で計測を行うため、プライバシー保護に配慮した計測が可能です。
  3. 強化されたセキュリティ: サーバーサイドでは、データの収集と保管がより安全な環境で行えます。

ウェブサイトのパフォーマンス向上への寄与

上記のメリットにより、サーバーサイド計測はウェブサイトのパフォーマンス向上に大いに寄与します。より正確なデータに基づいて行動分析を行うことで、ユーザー体験の改善、コンバージョン率の向上、売上の増加など、ビジネス全体のパフォーマンスを向上させることができます。

以上が、サーバーサイド計測の基本的な概念とそのメリットです。次のセクションでは、Shopifyでのサーバーサイド計測の設定方法について具体的に解説していきます。

Shopifyのサーバーサイド計測の設定の方法

Shopifyでサーバーサイド計測を実装する方法はいくつか存在します。基本的には、専門的な技術知識が必要となりますが、Shopify専用のアプリやGoogle Tag Manager (GTM) を使用することで、簡単に設定を行うことも可能です。以下に、いくつかの実装方法を紹介します。

サーバーサイドGTM・ConversionAPIを使用する方法

Google Tag Manager (GTM) を使用してサーバーサイド計測を実装することも可能です。
GTMは、タグを追加するためのツールで、これを利用してサーバーサイド計測を行うタグを設定します。
具体的な設定方法は、下記のヘルプ記事の通りです。

サーバーサイド タグ設定の概要  |  Google タグ マネージャー - サーバー側  |  Google for Developers

また、FaceBookのコンバージョンAPIの導入方法は下記の記事をご覧ください。

イベントマネージャで、パーソナライズされた手順に基づきコンバージョンAPIを実装する | Metaビジネスヘルプセンター
アクセストークンの作成が完了したら、コンバージョンAPIを実装できます。イベントマネージャのわかりやすい設定ガイドを使用して、コンバージョンAPIの設定方法を理解しましょう。

ほかにも、コンバージョンAPIをリリースしている広告媒体は、Yahoo・LINE・Tiktok・Pinterestなどがあります。

Shopify アプリを使用する方法

次に、Shopifyのアプリストアには、サーバーサイド計測を簡単に実装するためのアプリがいくつか存在します。以下に、その一部を紹介します。

Pafit Tag Management for GTM

Googleタグマネージャーの設定とGA4・Facebook広告などのデータ収集を簡単にするアプリ| Shopify アプリストア

こちらのアプリでは、「Meta広告(Facebook広告・Instagram広告)」や「Google アナリティクス 4」などの計測タグを利用することができます。

従来の計測方法では、クライアント側のブラウザ上で測定タグの処理をしていたのに対して、サーバーサイド計測機能では、弊社が管理している測定用サーバー上で測定タグの処理を行うことが可能です。 リリース初期段階では「Meta広告(Facebook広告・Instagram広告)」や「Google アナリティクス 4」のコンバージョンイベント(Purchaseイベント)の計測をサポートしています。

上記の方法を使用することで、プログラミングの知識がなくても、Shopifyのオンラインストアでサーバーサイド計測を行うことができます。
また、ヘッドレスコマースにおいても、タグ発火を正確にトラッキングすることができるのです。

結論として、いずれの方法でもサーバーサイド計測の実装はオンラインストアのパフォーマンスを向上させる重要なステップです。
GTMやアプリを使用することで簡単に実装を行うことができるため、まずは自社のビジネスに最適な方法を選んで試してみることをおすすめします。

Shopifyのサーバーサイド計測のまとめ

この記事では、Shopifyでのサーバーサイド計測の実装方法について詳しく見てきました。

サーバーサイド計測は、ユーザー体験の最適化やマーケティング効果の向上に欠かせないツールであり、Shopify APIの利用、Google Tag Manager (GTM)、または専用アプリを利用することで、簡単に実装することが可能です。

それぞれの方法には特長と要求する技術的知識が異なりますので、自社のニーズに合わせて最適な手法を選択することが重要です。

👇便利なShopifyアプリのご紹介👇

タイトルとURLをコピーしました